こちらカラーパレットは日記・ツアーブログ


by ukikusa1810

紅葉を見に出かけませんか 大分編

今回の大分県の紅葉を二つ紹介します。

まず一つは『耶馬溪』です。
耶馬溪は深(しん)耶馬溪と本耶馬溪と裏耶馬渓があるそうです。

今回は深耶馬溪を紹介します。
深耶馬渓は山国川支流の山移川の渓谷です。
この中でも「一目八景」が一番の景勝地です。
名前の通り一目で八つの景色(郡猿山・四手の尾・夫婦岩・鳶果山・雄鹿長尾嶺
烏帽子岩・仙人岩・海望嶺)を見ることができるそうです。

紅葉の季節はかなりにぎあうようです。
お店がたくさんあり、そばとそば饅頭が名物らしいです。

紅葉で目にご馳走をおいしいものでおなかにご馳走を
ちょっと足をのばしてみてはいかかですか

二つ目は『白馬渓』です。

臼杵市の臼杵川上流の支流にある渓谷です。
1872年(天保3年)江戸時代、この渓谷の美しさに心をうたれた
臼杵藩の庭園石工橋本真彦と商人清水善七たちで8本の橋が架けられ
参道を整備し、四季の花樹を植えたそうです。
翌年には、伊勢参りに行けない人たちのために
伊勢神宮外宮の祭神豊受大神の分霊を迎えて創建した
由緒ある場所です。

神様の近くで厳かに紅葉を見てみませんか
新たな気持ちになれるかもしれません
[PR]
by ukikusa1810 | 2008-10-14 18:49