こちらカラーパレットは日記・ツアーブログ


by ukikusa1810
急に寒くなり秋が深まった感じがします。

紅葉も今が見所ではないでしょうか

今回は熊本の紅葉『五家荘』と『菊池渓谷』を紹介します。

まず『五家荘』は新聞記事などで見かけたことのある
川辺川の源流域にあたります。

平家落人の隠れ里として知られています。

紅葉スポットとしては梅の木轟公園や床版自体を直接
吊り下げる全国でもめずらしい構造の橋「樅木吊橋」から
の紅葉は見事なようです。

ちょっと吊橋から見るのは怖い気もしますが
だからなおさら美しいのかもしれませんね。

次は『菊池渓谷』です。
阿蘇外輪山源流の菊池川にかかり
約4㌔瀬や深淵がある渓谷です。
遊歩道があるのでゆっくり歩きながら
紅葉を見ながら
秋の深まりを感じながら
リフレッシュするのもいいのではないでしょうか

夏もとても涼しく
川遊びに来る人が多く
水温も氷水のように冷たくて
長く入るのはちょと無理かもしれませんが
一瞬で涼しくなります

紅葉を見たら
次回は夏場に来るのもおすすめです。
[PR]
# by ukikusa1810 | 2008-10-27 17:24
今や東国原知事で有名な宮崎の紅葉を紹介します。

スピリチュアルでひそかなブームとなっている
『高千穂峡』の紅葉です。

阿蘇の溶岩を侵食してできた渓谷が高千穂峡です。
名勝・天然記念物に指定されています。

高千穂峡の紅葉はカエデ・モミジ・ケヤキ・ナラ・ハゼ・イチョウ・クヌギ
とたくさん楽しめます。

秋には雲海に包まれ、紅葉との調和が見事だそうです。

ボートで遊覧しながら柱状節理の岩中で見る紅葉も格別なようです。

また「真名井の滝」があり日本の滝100選に選ばれています。
深呼吸してマイナスイオンいっぱい吸って
リフレッシュしに行ってみてはいかがですか。

高千穂は他にも神話の里として知られています。
神様に会いに行くのもいいのではないですか。
[PR]
# by ukikusa1810 | 2008-10-21 11:12
今回の大分県の紅葉を二つ紹介します。

まず一つは『耶馬溪』です。
耶馬溪は深(しん)耶馬溪と本耶馬溪と裏耶馬渓があるそうです。

今回は深耶馬溪を紹介します。
深耶馬渓は山国川支流の山移川の渓谷です。
この中でも「一目八景」が一番の景勝地です。
名前の通り一目で八つの景色(郡猿山・四手の尾・夫婦岩・鳶果山・雄鹿長尾嶺
烏帽子岩・仙人岩・海望嶺)を見ることができるそうです。

紅葉の季節はかなりにぎあうようです。
お店がたくさんあり、そばとそば饅頭が名物らしいです。

紅葉で目にご馳走をおいしいものでおなかにご馳走を
ちょっと足をのばしてみてはいかかですか

二つ目は『白馬渓』です。

臼杵市の臼杵川上流の支流にある渓谷です。
1872年(天保3年)江戸時代、この渓谷の美しさに心をうたれた
臼杵藩の庭園石工橋本真彦と商人清水善七たちで8本の橋が架けられ
参道を整備し、四季の花樹を植えたそうです。
翌年には、伊勢参りに行けない人たちのために
伊勢神宮外宮の祭神豊受大神の分霊を迎えて創建した
由緒ある場所です。

神様の近くで厳かに紅葉を見てみませんか
新たな気持ちになれるかもしれません
[PR]
# by ukikusa1810 | 2008-10-14 18:49
今回は福岡県大宰府の紅葉スポット二つ紹介します。

一つ目は『光明禅寺』です。
1273年(文永10年)菅原家出身の鉄牛円心和尚が創建した禅寺です。

九州では唯一の枯山水の石庭があり、紅葉もとても美しいそうです。

庭は、前庭が石で「光」の字が描かれ後庭は苔で陸を白砂で大海を表現してあります。

座敷は開放されて縁側から紅葉が鑑賞できるそうです。
ゆっくり座って紅葉を眺めるのもよさそうです。

太宰府天満宮から歩いて行けるので、天満宮をお参りして
紅葉を見に足をのばしてみるのもいいのではないですか


二つ目は大宰府の宝満山の麓にある『竈(かまど)神社』です。

縁結びの神様として親しまれています。
境内には“恋の願いかけ絵馬”“愛敬の岩”があり若いカップルにも
人気の神社です。
毎年八月に七夕祭りあるそうでカップルの方は紅葉の次は
夏に行ってみるのはいかかですか。

ほかになんと鹿がいるそうです。
熊本県五家荘平家の里出身だそうですよ

紅葉・鹿を見に宝満山まで足をのばしてはいかがですか
[PR]
# by ukikusa1810 | 2008-10-13 11:23
すっかり秋らしくなってきました。
いよいよ紅葉のシーズンがやってきます。

ちょっと足をのばして紅葉を見に行って見ませんか?

佐賀県にある1年に1度紅葉のシーズンに公開される『九年庵』はいかかですか。

佐賀の大実業家伊丹弥太郎氏が明治25年から9年の歳月と多額の費用を投じて
築成した6800平方メートルもある別荘です。

屋根は杉腰張り、土壁、竹格子の連小窓、真竹の濡縁と近世和風の数奇屋造り
になっています。
これたけでも見る価値あるのではないでしょうか

庭一面は苔の絨毯となっており、四季折々の景色が楽しめるようになっています。

しかし、一般公開は紅葉のシーズンの11月15日~23日の9間だけです。
是非、この短い期間に秋を感じてみるのもいいのではないでしょうか

交通アクセスも公開期間だけですがJR博多駅から特急電車がJR神埼駅に臨時停車
するそうです。
JR神埼駅から徒歩15分ほどでいけるそうです。

あと高速バスでもいけるそうです。

静かな時間の流れの中に
ひと時でも身をおいて、秋を目で感じてみてはいかかでしょう。
きっと癒されるの間違いないでしょう。
[PR]
# by ukikusa1810 | 2008-10-10 19:00